住宅をつくろうなどと考えている人はいません

住宅金融公庫の流れをくむ

工事の現場副代理人
『総二階の家じゃなくても費用UPは少なくてすむ?』···などは、会社の対応力が重要だったりします。
これを最初のタイミングで理解できるか?契約後に理解するか?で家づくりが変わるのはご理解頂けるかと思います契約後に『やっぱ、やめた!』は、簡単には出来ないですし、できるだけ最初のタイミングで、判断しておきたい所です。
『で、何を聞けば良いの?』ではでは、この経験値に関して『大切なのは分かったけど…何を聞けば良いの?』ですが、その会社さんのこれまでの施工棟数実際の施工事例写真や間取り実際の価格観平均の最終金額は、当然聞いておきたい所です。
【現場見学に何度も行けば、わかる!】また、担当者さんのこれまでの施工実績を聞き、実際に建てた家の見学のお願いは、初回の訪問時にするようにしましょう。営業マンさんは基本良い事しか言わないので、実際に判断するとしたら、現場しかない!という意識を持って頂ければと思います。
完成した家の見学に何度か行き、『この担当者さんが言っていた事は、『この営業マン、それを何社か繰り返す事でこれぐらいのレベルね·言ってる程たいした事ないわねΣが判断できるようになります(笑)ポイントは、色々な会社さんの現場見学会完成した家に同時並行で行く事!です。
家づくりは、検討期間の初期と後期では、お客様の知識の違いがかなりあります。その為、比較検討する時は、できるだけ同時並行でーを意識して頂き、同じような知識の状態で、比較をして頂く方が良い場合が多いです。この話は、前のページで詳しくお伝えするようにしますね。

家周囲の景観に合わ

【経験値】だけでも物足りない時代へさて、『先ずは、経験値がとても重要!』と言いましたが、今の家づくりは、さらに+で考えないといけない事がありま【こんな会話があったら、その会社は辞めた方が良いかも?】もし、家づくりの打合せをしていて、お客様:ネットで調べたら、この商品が良さそうで、付けたいと思っているのですが…』担当者:うん、微妙ですね。それを付けるぐらいなら、00した方が全然良いですよ。』こういった会話、意外と多いのですが…もしかすると、担当者さんや建築会という会話になってしまった場合、…実は、社さんを変える必要があるかもしれません。
【家づくりに採用できる新商品の数々を知る!】とSっても重要なので、前のページでこの話をします『家づくりは情報収集が大切。』と、先ほどお伝えしましたが、本当に大切で、新商品もどんどん出てきています。知っておいてもらいたい事として、そういった商品はオープン化されていて、どの会社さんでも費用が殆ど変わらず、つけられる時代になっている。

 

住まいを最初に手掛け

という事です。
何言ってるの?となるかと思いますので、解説していきますね。
何故、こんな話をするかと言うと、そうする事で、やりたい事と価格が合致するが言えるようになる為です。
解りにくいので、いくつか例を出します。
『気密·断熱をもう少し上げたい!』例えば、気密·断熱性能をもう少し高めたい場合があったとします。
その際、普通に話をしているだけだと、断熱材を変えたり、窓の仕様を上げたりする話になり、何百万円と価格UPが出てきてしまいます。
仕様UPとして、何十万換気扇周りの断熱·気密を数千円数万円UPで採用した方が、より費用対効果がですが、それよりも、新しい商品で、高く出来る事があったりします。

建築士が現場を見に来てく
『耐震性能を上げたい!』例えば、耐震性能を高める為、免震装置を付けたいなと思ったとしますこの話はそもそも免震装置って何?』を理解する必要がありますが、その説明は省略して、たい!という考えになった時。
最終的に免震装置を付けこれまでの免震装置+その付随工事は、恐らく1棟あたり、500$700万ぐらい高くなってしまっていましたが今は、新たな商品として、免震と制振の間の商品があり、価格も非常に安価で、それこそ30,50万円ぐらい、で取り付けられるものが出てきています。免震の考えをとり入れた制振装置という表現が近いですが…出ている状況です『メンテナンスのかからない外壁にしたい!
例えば、外壁の塗替え費用を将来考えたくない。『メンテナンスの掛かりにくい外壁にしたい!
となった場合、昔であれば、【なら、タイル外壁-1という発想が基本でしたが、今は、サイディングでもシーリングレスな外壁があったりしますし、普通のサイディングでも色々な機能がついてるものであれば、塗り替えサイクルが2030年
と長い物もありますこの外壁材に関してもっと言えば、会社さんによって価格UPの違いも出てきますoA社は標準の外壁から30万円UP、B社は50万円UPという違いですね。

 

建築が主役というのはつまり建築

昔、今から3~5年前ぐらいであれば、大手ハウスメーカーさんが集う、ハウジングセンターに行って、3>4社周って話を聞けば、ある程度の最新装置の把握が出来ていましたが今は、逆にハウスメーカーさんでは知りえない情報を、工務店さんが小分けで持っている時代なんです。
その中で冒頭で、『こんな時は、会社を変えた方が良いかも!』と言いましたが、家づくりは、本当に色々と出来る事が多く、しかもこの情報過多の時代ですので、ドンドン知識は入ってきます。そんな中で、規制の多い会社さんから『あれもダメこれもダメ』となってしまうと、とてもストレスフルな家づくりになってしまいますそういった家づくり相談はとても多いです(汗)。
…会社選び、大切です。
是非、意識して選ぶようにしましょう!

コラム家づくりにかけるお金と老後に貯めとくお金『家っていくらまでなら住宅ローンを組んでも良いの?』は、皆さまが一番悩む、迷う所だと思います。
家づくりの無料相談では、そういった方の為に、無料のFP相談をお勧め、ご紹介をする事が多くあります。

工事は不要給排水管の更正更新

部屋への入室時においてまた、例えば、15年後の塗替え費用を考えると、35坪ぐらいの2階建ての家で、C社は18万円ぐらいですねS』となる一方で、D社は『200万円ぐらいです2となる会社さんもありますので、会社の判断は必要です『もっと安く、太陽光発電を付けたい!』例えば、太陽光発電をつけたい!と考えた時、0~150万円でつけられる会社さんもありますここは、会社の仕入れ能力の違いだけです。
お値打ちな会社さんだと、5~6kWの太陽光を付けるとしても、外壁材や太陽光での仕入れ価格の違いですが、ポイントは、お客様からの指摘ですお客様から指摘があった際に、会社が取引先を探してくれるか?』、『単価交渉をしてくれるか?』る事もあるという事ですで、価格大きく変わ【新商品を知る事は、大切なんです!】はい、といった感じで、新しい商品を如何に知っているか?こちらから指摘できるか?で、価格も含めて、家は変わってきます。もっと細かく一つ一つの項目を見ても『これを採用したらしという打合せが出来る時代でもあるので逆に大変です。
少し先走って結論を言えば、こういった話が出来る会社さんが、工務店さんなんです。
【プロは何でも知っている!は大間違い!】さて、新しい商品がものすごい勢いで出てきている事と同時に、『そんなバカな!』と思われるかもしれませんが、そういった新商品の数々を、理解しておきましょう。
住宅のプロでも把握しきれていない事は『知らないなんてダメだ!』ではなく、それぐらい数多くの商品が出ているんです。


部屋への入室時において 部屋への入室時において 隣地に駐車場や空き地

Tagged as: , ,