住宅だけではありません

家や譜代大名が住んでいて

【今の工務店の断熱·気密性能】工務店さんの断熱Q値、UA値、気密(C値)性能は、かなり上がっています工務店さんとの家づくりは、基本的には、木造の家づくりがベースとなる為、そもそも性能UPを少しの工夫で上げる事が出来ます例えばQ値断熱性能*1は、C値気密性能*2は、(UA値で言うと、1.5前後1.5前後0.46~0.5)のレベルであれば、樹脂のペアガラス(窓)、吹付系の断熱材、施工品質で、比較的多くの会社が数値をクリアできたりします。*UA値の方が基準が厳しいので、家によっては、もう少し対策が必要かもしれません。
逆に、ハウスメーカーさんでこの数値をクリアできる会社さんは、まだまだ半分以下だったりしますし、そう簡単にじゃあ、断熱材を変えて…』という事が言えなかったりしますので、ここは工務店さんや建築家さんの自由度の高さがメリットになりますね*1断熱性能は数値が低ければ低いほど、性能が高いという事になり、今の国が定めている断熱性能の次世代省エネ基準で言えば、北海道(寒冷地)でも建てられるぐらいのQ値が1.5UA値0.46ぐらいの数値になります。
*2気密性能は数値が低ければ低いほど、性能が高いという事になり、国の方で明確な基準は未だ整備されていませんが、大手ハウスメーカーさんでもC値が5.0という隙間がビュビュな会社もありますし、C値を1.5以下にする事が出来れば、先ずハウスメーカーさんの鉄骨系の会社さんよりは数値が高いと思って頂ければ大丈夫な数値です。
因みに、気密·断熱性能を考えるのであれば、基本構造は木造が一番ベストかと思います。
宅は、施工的な話として断熱が意外と難しいのと、なにより価格が高くなる為。
気密の高いコンクリート住
【今の工務店の耐震性能】次に耐震性能を見てみましょう。
家造りをすすめる

工事中に行うのは良いとして


お話したような予想外の落とし穴を乗り越え

>住宅ローン金利優遇フラット優良例えば、前のページでもお伝えしましたが、免振に関する話で『新しい商品を採用できる事』るメリットの一つになり、ハウスメーカーさんで、そういった事は先ず不可能ですは、工務店さんで家づくりをす逆にハウスメーカーさんの耐震性としてメリットを言うと、実際に2階建ての家を建て実大耐震実験をしている事·同じ構造で、の二つが言え、これまでの実績がある事これは通常の工務店さんでは言えません。
ここら辺は、大手の安心感だったりしますね。
【構造計算というものを知る!】ですが、逆にハウスメーカーさんではやらない、やれない事もあります戦略としてそこら辺を考えている会社さんであれば、『構造計算』と言った、一般の木造建築、二階建てまでは、必要とされていない細かい耐震計算(家の強度計算をしていたりしますそれを基に耐震性能を3︵国が定める耐震性能の最高ランクを取る事が出来れば、より細かい計算方式、部材の指定ができ、その観点から言えば、そちらの方が安心だったりします*構造計算に関するリンクも最後に貼っておきますね。


足がすくむように寒いもの家

リフォーム協力チームである事

インテリアデザインを考えて計画する必要があもちろん、構造計算をすれば、耐震性はハウスメーカーさんよりも安心!』ではありませんが、不安という話も言えなくなるレベルで、むしろ、これからお伝えするデザインを考える際、より、攻めた間取り、を考えると、構造計算が出来る、は会社選びのポイントになるかとも思います【工務店の現場品質】工務店さんの現場品質はどうでしょうか。
:この話は、なにも工務店さんに限った話でもありませんが、家をしっかり造ってもらう為に、一番良いのは、第三者機関に現場をチェックさせる事です。ですが、それはそれで、<+>で費用が必要になってくる話でもありますので、それが出来ない時の話もしておきますね。工務店さんの現場品質を考える時、二つのポイントを知っている事で、安心を得られる事が出来ます。
【瑕疵担保の保障がつく事】一つ目は、今はどの会社で家を建てても付く、瑕疵担保保障の話です。
この瑕疵担保ですが、これは第三者機関が、その建築会社さんが無くなってしまったとしても、主要な構造躯体に関しては、最低でも10年間は保証するというもので、その保証をする為に、保証会社が、最低でも基礎の配筋検査建築途中の中間検査完了検査の三回は、第三者が現場を見る体制が出来ています。こういった仕組みが既にあるという事を先ずは知っておきましょう。
*因みに、ハウスメーカーさんの場合は、独自で保証しており、保証会社の第三者の検査はつかない所が殆どです。
【現場はどんどん簡単になっている】-一つ目はもっと根本の話です。
家の建つその場所だけではなく

家がどちら向きかというよう家につかう部材もどんどん簡略化してきている為、最低限の品質が守られやすい状況にもなっているという現場でミスがおこりにくい状況になっそもそも、家の短工期化も進んでいる為、事です。現場で遣う釘や金物の数は減ってますし、ているという事ですね。
勿論、短工期→突貫工事になってはいけませんが、この二つがある事で、最低限の品質は守られやすいという事も覚え
ておくと良いのではないでしょうか。
逆に、ハウスメーカーさんの場合、会社としての大きさは、安心材料になりますが、現場管理者が一度に見る現場の数を考えるとどうか?』という不安もあります一人の現場監督さんが、同時に10棟以上の現場を監理する事もあり、それって本当に監理できているの?という問題で、ハウスメーカーさんの『ザ·標準仕様の家』であれば、もともと工業化された家づくりですので、そこまで現場管理をする必要もないかもしれませんが、という話ですね。


部屋を確保するためにい

『ザ·標準仕様の家はつまらない!』もっと目に見える所という事で、そういった所での差別化できない今だからこそ、外観や内観のデザイン間取り提案·自分たちに合った家を比較判断材料として頂いても良い時代になってきているように思います家の内観や外観のデザインに目を向ける。
ある意味、当然の話なんですけど…、最近の家づくりは、逆にデザインが見えにくくなってしまっていたように思います見えない部分の性能に目を向けられすぎてきた事もあり、結果、これまでの家づくりでは、ていたのですが、今は『それじゃ目に見える部分は、つまらない』です。
総二階で普通の設備という『ザ·標準仕様の家で十分!』となっ【ものすごく楽しくなります!】気密、断熱や高耐震性能がクリアできる今だからこそ、高いお金を出して家を建てるのであれば、『00さんの家、』と言われたいじゃないですか。
部屋への入室時において

暮らしで良いと考えてい

省エネが実現可能になることでしょう(笑)これは、実際に経験して頂くしかないのですが、デザインに拘れる事で、素敵家づくりが一気に楽しくなりますよ。

工務店さんファースト…セカンドは?
工務店さんとの家づくりは、とにかく自由に、色々と工夫出来ます。
例えば、『価格を抑えて家をつくりたい!』であれば、構造体を選ぶところから出来ますし、フローリングや壁紙なども無数にある中から選ぶ事が出来、それによるコストダウンを考える事も出来ます。*構造体を普通の木造在来工法にしつつ、構造計算をかけて、安心は残す!という選択が出来たりします。
例えば、『もっとカッコいい家をつくりたい!』であれば、予算UPをあまり気にせずに二階を大きく張り出すような家を提案してもらったり、バルコニーを広く考えたりできます。

Tagged as: , ,